蓄電池を知る

蓄電池ってなに?

蓄電池

「電気を貯めたり、使ったり出来る装置」

蓄電池を利用すれば、電気を蓄えるだけでなく、料金の安い深夜に貯めた電気を料金の高い昼間に使用するなど、賢い使い方が出来ます。

また、非常時にも電気が使える安心で便利なシステムです。
 
蓄電池に関するよくあるご質問はこちら


蓄電池のメリット

メリット① 月々の電気代が節約できる

「経済性モード」による電力活用のイメージ


メリット② 非常用電源として利用できる

自然災害時などの影響で停電した場合でも、蓄電池に蓄えた電力で家庭内の電化製品や照明機器を一定時間使用する事が出来ます。
非常用電源として利用できる


メリット③ 太陽光発電との組合せで、売電額アップ!または買電を削減!

 日中に多く電気を使われる方
 太陽光発電の設置容量が小さい方


蓄電池に貯めた夜間電力を日中使用する事で太陽光発電の売電量をアップ!
電力会社により多く売電することができます!

★蓄電池による売電の押上効果により、より多く売電可能になります。ただし、ダブル発電単価となる為、売電単価は変化します。
平成26年度の売電単価/10kW未満・ダブル発電の場合


 日中に電気をあまり使わない方
 太陽光発電の設置容量が大きい方


日中は太陽光発電で電力を賄い、太陽光が不足する時間帯を蓄電池でカバーすることで節電・節約に貢献!
平成26年度の売電単価/10kW未満・太陽光発電単独単価の場合


お問い合わせはこちら

おひさまサポート ページトップへ